データ復旧業者の選び方について|企業に最適なITサポート

女性たち

解決すべき問題点

PCとファイル

企業内において、ファイルを共有するための転送業務というのは基本的な日常業務となっているかと思います。その業務が無ければ業務に必要な情報の共有が遅くなってしまい、業務効率の低下に繋がってしまうでしょう。つまり、基本的な日常業務でありながら業務効率に関わる重要な業務でもあるということなのです。ファイル転送業務は主に電子メールを用いて行われますが、企業の中にはその方法において幾つかの問題を抱えている企業が存在します。その問題というのは、大容量ファイルと機密性の高いファイルの転送、誤送信に関する問題です。それらの問題を全て解決したいと考えているのであれば、ファイル転送サービスを利用すると良いでしょう。
ファイル転送サービスというのは、ファイルの転送を目的として開発された転送ツールです。その特徴としては、1GB以上の大容量ファイルの転送の実現、全転送経路の暗号化によるセキュリティ性の向上、誤送信防止機能といたものが挙げられるでしょう。1GB以上の大容量ファイルの転送に関しては、同時に複数人に対して行なうことも可能です。それを実現しているのはインターネット上にある仮想ディスクスペースで、転送する大容量ファイルは一旦そこに預けられます。そして、受信先にはその仮想ディスクスペースに繋がるURLのみが送られるのです。受信先は受け取ったURLからファイルのあるページにジャンプし、そこからスムーズに大容量ファイルダウンロードすることができます。また、全転送経路が暗号化されているため、機密性の高いファイルであっても安心してファイル転送することができるでしょう。