データ復旧業者の選び方について|企業に最適なITサポート

オフィス

サーバーの設置について

パソコンを操作する人

企業内に自社サーバーを設置する場合、24時間365日体制の空調管理が必要なるなど、多額のコストが掛かります。データセンターを利用することで、そのコストよりも低コストでサーバーの保守・運用を行なえるようになるでしょう。

もっと読む

確実なバックアップ

タブレット

オンラインストレージというのは、確実性のあるバックアップ先として多くの企業に注目されているクラウドサービスです。インターネット上の仮想ディスクスペースに情報データを保存することが可能で、物理的な問題で発生するデータ損失を回避できます。

もっと読む

情報データの復旧

周辺機器

データ復旧業者というのは、パソコンや外付けHDDが故障した際にその修理・復旧を行なってくれる業者です。企業内における業務で使用しているパソコンや外付けHDDが故障した場合には、すぐにデータ復旧業者に依頼して修理・復旧してもらうことをお勧めします。業務で使用するパソコンや外付けHDDには業務に必要な情報データが数多く保存されているため、故障した際には業務に大きな支障をきたすでしょう。場合によっては、経済的損失すら発生してしまうかもしれません。そのため、多くの企業はそういったトラブルに直面した時、焦って自社内でどうにかしようとしてしまうものです。しかし、パソコンや外付けHDDといったIT機器というのは、素人の目で見て故障の度合いを把握することが難しく、最悪の場合としては企業側が自社内で行なった操作によりデータ損失が引き起こされてしまうこともあります。そういった事態を避けるためにも、IT機器のプロであるデータ復旧業者に修理・復旧を依頼する必要があるのです。
企業がデータ復旧業者に修理・復旧を依頼する際には、価格の安さだけで業者を選ぶのではなく緊急時の対応の充実さや実績の豊富さに注目して業者を選ぶことをお勧めします。価格の安さだけで選んでしまった場合、修理・復旧を行なってくれたとしても納期が非常に遅くなってしまうことが多々あるのです。納期が遅くなるということは、それだけ業務に支障をきたすということでもあります。そのため、価格が少し高かったとしても緊急時の対応が充実しており納期の早い業者をえらぶ必要があるのです。また、実績豊富な業者であれば、安心して修理・復旧を任せることができるでしょう。

解決すべき問題点

PCとファイル

電子メールによるファイル転送業務において、大容量ファイルや機密ファイルの転送というのは困難なものでした。ファイル転送サービスを導入することによって、それらの問題を全て解決することができるでしょう。

もっと読む